海外でのキャッシング

海外でのキャッシング

海外への旅行や出張などで渡航した際には、事前に両替所で十分な金額を日本円から現地通貨への両替をして準備をしたつもりでも、ついつい出費が多くなって足りなくなることも少なくありません。
そんな時は、簡単な手続きで現金を借りられるキャッシングを利用するのが便利です。

 

最も普及しているのが世界的なシェアを誇るVisaやMastercardなどのクレジットカードブランドのATM、あるいは提携ATMを利用する方法です。

 

お馴染みのカードブランドのロゴが分りやすいところに表記されているので、初めて行く場所でも見つけやすいのも大きな特徴です。

 

日本国内でクレジットカードを作れば大抵はどちらかのブランドと提携していたり、最近では銀行で発行されるキャッシュカードにこれらのカードブランドのデビットカード機能が付いていることもあります。

 

対応しているATMは世界の170ヶ国を超える国々に設置しており、空港や主要駅、有名宿泊施設などに行けば、ほぼ必ず利用できるのも急にお金が必要になったいざという時には助かります。

 

また、昨今台頭してきているのが世界中の銀行と提携しているPLUSで、専用のATMを利用すればキャッシングが可能です。

 

日本国内ではゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行が対応しており、VISA PLUSカードを海外のATMで利用することができ、対応銀行も今後順次増えていく予定です。

 

海外ATMでキャッシングを行う際の最大のメリットは、その日のレートで換算されるためタイミングによっては銀行や両替商を利用するよりも為替レートが安くなる場合があるため、キャッシングの返済の金利を含めてもお得になるケースがある点です。

 

1ドル100円、キャッシングの金利が18%で1000ドルをキャッシングした例で試算すると、外貨両替所で両替してもらえば3000円程度の手数料がかかりますが、キャッシングの場合は1500円程度となり大幅に経費を削減することが可能です。