キャッシング

急にお金が必要になったらキャッシングを活用するのが良いです

キャッシング

私たちが社会で生きていると人付き合いをしなければならないものです。自分は付き合いたくないと思っていても、社会で生きている以上付き合わなければならないことが何度もあるものです。しかし人と付き合うにはタダとは行かないものです。どうしてもいくらかの出費を伴うものです。ですから常にお財布には余裕を持たせておかなくてはならないものです。

 

とは言ってもお金というのは降って湧いて出てくるものではありませんから、そうそう財布の中身に余裕を持たせておくのは難しいものです。ですからどうしても収入の範囲内では収まらずに借り入れをしなければならないものです。別に家を買うわけではありませんから、銀行でお金を借りるわけには行かないものです。銀行は多額で使い道のはっきりしたお金を借りる時に利用するものです。ですがこのような少額使い道がはっきりしていないようなお金を借りる場合は、キャッシングを利用してお金を借りるのが良いのです。キャッシングなら使い道を問われることもないですから、自由に何にでも借りたお金を使うことができます。

 

一時的にお金を借りる場合キャッシングを利用すれば利息も高くはないので返済がしやすいものです。キャッシングがあることで人付き合いもスムーズに行くものです。初めて借りるなら無利息期間もあるプロミスがオススメです。やはり何事もはじめは、知名度のある会社のサービスが安全です。

キャッシングで借入できる限度額

キャッシングでは債務者に応じて借り入れできる限度額が変わります。何を基準に変わるのかと言うと返済能力です。

 

返済能力が高い人には融資できる金額も多くなりますが、返済能力が低い人には高い融資はできません。そして、この返済能力は収入、職業、現在の借入状況など諸々の条件が考慮されています。キャッシングの場合、各金融会社で融資限度額300万円、500万円、700万円などというように紹介していますが、はじめから最大の融資額を受けることはできません。

 

新規契約者なら50万円が限度だとされています。その上で正しくキャッシングを利用していくことが出来れば、金融会社の方から融資額を増額する申し出を受けることが出来るでしょう。この増額を受けるも受けないも自分で決めることができますが、現時点の融資限度額で充分に回していけているというのなら増額は必要ではありません。また、増額できる金額にも限度があり、それを規制しているのが総量規制です。総量規制とは、債務者の年収3分の1にまで融資を制限した制度で、つまり年収が500万円の人なら最大で160万円程度の融資しか受けることはできないというわけです。これを念頭にキャッシングを活用していきましょう。

おまとめローンで一本化

私は、いくつかのローンを利用していました。最近のローンは、金利も以前のようなグレーゾーン金利ではなく、きちんとした法定金利内の範囲に収まっているので、利用者である私が計画的に利用すれば、問題なく返済を行っていけるので、返済に特に問題があったわけではありません。しかしながら、毎月返済日が複数あると、どの日にいくら口座に入れておかなければならないとか、そういった面での管理は少々面倒でした。

 

その時に、友人に話を聞いて知ったのがおまとめローンでした。これを利用することで、毎月の返済日を固定の一日だけにすることができるので、返済計画だけでなく口座にいくらお金を入れておけばよいのか、すぐに把握することができるようになると教えてもらいました。
早速いくつかのおまとめローンの金融商品を比較検討してみました。

 

どちらも、それぞれのメリットがあったのですが、私は自分が使っている給与振込口座のある銀行のおまとめローンを利用しました。借入金額が少なかったからなのか、それともいつも自分が利用している給与振込口座があるからなのか、審査はとてもスムーズに完了しました。まずそのお金でいままで借りてたローンをすべて一括で返済しました。その後ローンは一本化されたので、返済期間が短くなり最終的な支払金額も大きく減少されました。しかし、何よりうれしかったのは返済日がとてもわかりやすくなり、口座の金額が把握しやすくなったことです。